【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングの利用額は平均どれくらい?

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/27

金融機関からの融資を受けることが困難な場合に利用可能な資金調達手段として、ファクタリングを活用している中小企業や小規模事業者の方が増加しています。

これから初めてファクタリングの利用を検討している事業者の方にとって、平均的な利用額がどれくらいなのか気になるところでしょう。

ここでは、一般的なファクターの買取可能額実際の平均的な利用額についてまとめていますので、利用を検討する際の参考にしてみてください。

 

ファクタリングの買い取り可能額の範囲

ファクタリングを利用する際、ファクターに買い取ってもらうことができる売掛債権の金額の上限と下限はファクターごとに独自に定めています。

多くのファクターにおいて、下限は数十万円程度の少額から上限は数千万円までと、かなり広範囲に渡って対応しているのが一般的です。

更に、ファクターによっては1億円を超える上限額を定めていることもあり、幅広い資金使途に活用することができます。

ただし、これはあくまでも買取可能な金額帯の目安であって、この範囲内に納まっていればどのような売掛債権でも買い取ってもらえるということではありません。

当たり前のことではありますが、ファクターによる審査を受けて売掛先の信用力に問題がないことについてお墨付きをもらわなければなりません。

その審査結果によっては買取金額が売掛金の額面よりも目減りすることもありますし、そもそも買取を拒否されることも有り得ます。

また、売掛債権の評価による金額の変動だけでなく、ファクターに支払う手数料や金利が別途必要となります。

これらの手数料や金利は、買取金額の数パーセント程度に設定されていることが一般的です。

そのため、調達希望額が決まっている場合にはこれらの必要経費を考慮して申し込みする必要があります。

ファクタリングの平均的な利用額

先に述べたように、ファクタリングで買い取ってもらえる売掛債権の上限額はかなり高額に設定されていることが分かります。

それに対して、実際の平均的な利用額は200万円程度であると言われています。

意外と少額だという印象を持たれる方も多いことでしょう。

この平均利用額から、一時的に手元資金が不足した際にその分を補うためのライフラインとしてファクタリングを利用している事業者が多いことが伺えます。

ファクターによる審査は数日程度で迅速に行われることが一般的であり、場合によっては即日で売掛債権を資金化できることもあるなど、資金化までのスピードがとても速いのが特徴です。

このような利便性の高さがライフラインとしての利用を後押ししていると言えます。

少額のファクタリングが多い理由

少額でのファクタリングの利用が多いもうひとつの理由として、その主な利用者層が中小企業や個人事業主などの小規模事業者だからだという点も挙げられます。

中小企業や小規模事業者は中堅以上の企業と比較して、財務基盤が盤石でないことが多く民間の金融機関からスムーズに融資を受けられないことがあります。

そのような場合、金融機関からの融資に代わる資金調達手段として、ファクタリングを選択する機会が多いのです。

また、中小企業や小規模事業者における日々の商取引額は少額であることが多いため、そもそも彼らの保有している売掛債権の金額が小さいということも理由として挙げられます。

 

ファクタリングでの売掛債権の買取可能額は、数十万円から数億円までとかなり広範囲に渡りますが、実際によく利用されているのは平均200万円程度の少額帯です。

これは、ファクタリングによる資金化までの期間が非常に短いため、いざという時のライフラインとして活用されがちなことや主な利用者層が中小企業や小規模事業者であることに由来しています。

ファクタリングを利用する際には、資金使途や企業規模に対して適切な金額を調達したいものです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧