【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングと手形割引の違いとは

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/02/27

ファクタリングという言葉を昨今聞いたことがあるという人も増えているのではないでしょうか。

この言葉は売掛金を買い取ってもらうことを意味していて、この方法を用いてキャッシュフローを改善するという人が最近増えているのです。

このファクタリングは手形割引と似ているという人もいるのですが、この2つの方法はどのように違っているのでしょうか?

そこで、これらの2つの売掛金の早期回収の方法の違いについてこれから具体的にご紹介してみたいと思います。

ファクタリングと手形割引は違う

ファクタリングと手形割引は何だか似ていると思う人もいるのではないでしょうか?

どちらの手法も売掛金を早期に回収するという点では同じといわれていますが、両者の間には2つの大きな違いがあるのです。

まず、1つ目の違いは不渡りのリスクに対する違いです。

不渡りとは手形が支払いの期日を過ぎても決済できないということで、支払いをするべき人から支払われるべき人へ額面の金額が引き渡されないということです。

こうなると支払いを受けるべき人は大変困った状況になってしまいます。

ファクタリングではこうした不渡りのリスクはないといわれており、売った債権がその後不渡りになろうともファクタリングを利用した人は困ることはありません。

この方法は債権買取という方法になるので、売掛先の会社が破たんしてしまっても未払いを起こしたとしてもその保証義務はないのです。

ファクタリングは、売掛先の会社がどうなってもこのサービスを利用した側には補償義務が無いーすなわち、償還請求権がないという特徴があります。

一方の手形割引は融資契約によって約束手形は担保という位置づけになっているため、その担保価値がなくなってしまったら借りたお金をきちんと返すことが必要とされるようになっています。

不渡りリスクだけでなく審査で重視する点も違う

また、これらの2つの方法の2つ目の違いとして挙げられるのが、審査に対する考え方の違いです。

ファクタリングは売掛金という債権の信頼性を中心に審査が行われるといわれています。

未払いが起こった時に困るのはファクタリング会社になるため、このサービスを利用する人の財務状況より確実に回収できる債権なのかどうかという点が最も重視されるのです。

しかし、手形割引は融資の一種といえども、万が一不渡りが起こった時に備えて申し込んだ人や会社にマイナス要素が多いと利用できないということになっているのです。

ファクタリングはスピーディーでより簡単という点もある

他にも、手形割引に比べるとファクタリングは簡単でよりスピーディーであり、実用性が高いといった点が比較すると異なっているということなのです。

これらの方法は売掛金を早く回収したいという時に検討されるサービスですが、手形割引は約束手形の期日までに換金を行いたい場合に利用される方法です。

しかし、この手形割引は換金を行う金融機関にとっては、多くの場合リターンが少ないのにリスクは高く事務コストもかかるということがあるといわれているのです。

そのため、銀行などは基本的に手形割引に関しては積極的ではないといわれているのです。

 

このように、ファクタリングも手形割引もキャッシュフロー改善を目的とする早期回収のために行われます。

しかし、これらの方法には様々な点で違いがあるということなのです。

利用するという場合には特徴を知った上でより適切な方法を選ぶようにしてみるのがおすすめです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧