【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングの契約の際に注意する点を確認しておこう

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/10/02

東京にある会社が、資金調達をしたい場合にはファクタリングを利用するのが1つの方法になります。この制度を利用すれば、割と簡単にお金を手に入れることができ、経営難に陥ることはなくなるでしょう。

では、これを利用するときどのようなことを注意したらよいでしょうか。後悔しないためにはその仕組みなどを理解しておくことが必要です。

2種類のものがあることを知っておく

ファクタリングには、大きく分けて2種類のものが存在しています。この違いをよく理解しておくことで、上手に取引をすることができるようになります。基本的に、3者間でおこなうものと2者間でおこなうものに分かれます。

それぞれの違いを一言で言えば、債権譲渡をするかどうかの違いです。

債権譲渡する場合には、3者間のものを利用すると良いでしょう。3者間の特徴は、なんといっても業者に手渡した売掛金の金額にほぼ等しい位のお金をファクタリングで手に入れることができる点です。これにより、たくさんの資金が手に入るためメリットは大きいと言えるでしょう。ただし、即日業者から振り込まれることはありません。仮に資金難であっても3日程度は待たなければならないこともあります。

一方で、2者間でおこなう場合は債権譲渡はしません。そのかわり、比較的短期間でお金を借りることができます。これは業者に確認をしておく必要がありますが、即日借り入れすることも可能になるでしょう。そのため、その業者とその日のうちに取引をしたいため、すぐその日のうちにお金が必要な場合などは2者間のタイプを選ぶと良いです。

ただ、2者間を利用するときに気をつけておきたいのは、売掛金のうち7割程度しか手に入らないことです。なぜこのようなことが考えられるかと言えば、債権譲渡していないからです。売掛金が二重譲渡される業者側のリスクを考えると、手渡すお金が少なくなるのも理解できるでしょう。

特約がないかを見ておくことも重要になる

ファクタリングをする場合、必ず業者を利用することになります。業者によっては、特約等があることも考えられますので、契約する前に事前に確認をしておく必要があります。意外と見落としてしまうのは、細かい約款等に書かれた特約でしょう。

特に、すぐにでもお金が必要な場合には、約款をよく見ずに契約をしてしまい損をするようなことも考えられます。そのため、事前によく確認をしてわからないときは業者に対して質問をするのが良いでしょう。

2者間の場合には登記をするかどうかで費用が変わる

2者間でファクタリングをする場合には、売掛金は基本的に債権譲渡されませんのでそのままの状態を維持します。このとき問題になりやすいのが、売掛金を所有している企業が2つのファクタリング業者とそれぞれ契約をしてしまうことです。

2社と契約してしまった場合は、二重お金を受け取ることになります。一見メリットがありそうですが業者のどちらかは実体がない取引をしてしまうため損をすることになるでしょう。

このような場合、法律的な問題が発生するため注意しなければなりません。このように、二重譲渡をしてしまった場合には事前に業者の方で売掛金に対して登記をするようなことがあります。そもそも、登記がないため二重譲渡が可能になってしまうわけです。

そこで、登記をすることによりその売掛金の所在がわかるため二重譲渡をすることができなくなるでしょう。このとき、登記をするのにそれなりのお金がかかるため追加料金が取られる可能性も否定できません。その点を事前に確認しておくことが必要になります。

 

これからファクタリングをおこなう場合に注意しておきたいことは、3者間でおこなう場合と2者間でおこなう場合では仕組みが若干異なることです。すぐにお金が必要ならば、2者間でおこなったほうが良いですが手に入る金額が少なくなるでしょう。

それ以外には、特約等がないかを事前に確認しておくことが必要です。急いで契約をすると、特約があることに気がつかないことも考えられるため要注意です。さらには、登記をする場合別途お金がかかることも考えられるため注意しましょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧