【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングにかかるコストはどれぐらいになる?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/11


生産している製品の売掛金はあっても資金化するまでの日数があるのでその間の資金繰りをどうしようかというような悩みをもっている企業経営者は多いのではないでしょうか。

また売掛先企業が支払い期日前に倒産してしまう可能性もゼロではありません。

そんな時に安心なのがファクタリングサービスの利用です。

 

ファクタリングサービス利用の概要

ファクタリングとはサービスを行う会社が売掛先企業への売掛債権を買い取ってくれるサービスです。

これによって売掛金からこのサービスの手数料を差し引いた現金がサービス利用会社に入る仕組みになっています。

資金繰りに困れば借金をすることになりますが、借金には当然ですが利息がつきます。

借入が増えれば会社の経営を圧迫することになります。

そのような状況の中でこのサービスを利用したことによりキャッシュフローが正常になり会社の経営が軌道に乗ったという企業は多いです。

 

2種類のファクタリングサービス

資金繰りに困っている会社にとって「一刻も早く何とかしなければ」という心境にかられた状態のなかでこのサービスはとても助かるものですが、サービス方法も2種類ありどちらを選ぶかによって処理が早くも遅くもなります。

また売掛先へ与える印象も違ってきます。

このサービスを行うにあたって関わってくるのがまずサービス利用企業とサービス会社、そして売掛先企業です。

まず3社間ファクタリング(以下3社間)というものがあるのですが、これは簡単にいうとサービス利用企業が売掛先企業にこのサービスを使う旨を通知し同意が得られたら売掛債権がサービス会社に移り売掛金から手数料を差し引いた現金がサービス利用企業に入るというものです。

つぎに2社間ファクタリング(以下2社間)ですがこれは売掛企業に何も知らせずサービス利用企業とサービス会社の2社間のみで売掛債権の壌土が行われます。

現金のやり取りもこの2社で行われます。

この二つの方法を比較した場合スピーディーに処理を行えるのは2社間です。

 

2種類のファクタリングにかかるコストと違い

このような便利なサービスを利用する場合やはり手数料というものが発生しますが、このサービスの場合はどれほどのコストがかかるのでしょうか。

これも3社間と2社間のどちらを利用するかでコストが違ってきます。

3社間の場合は一般的に売掛債権の1%から5%程度ですが、2社間だと売掛債権の10%から30%になります。

この手数料の違いの理由ですが3社間の場合売掛先企業から直接売掛金を回収できるためリスクが少ないのに比べ、2社間の場合はサービス利用会社が売掛先企業より回収した売掛金をサービス会社に支払わないケースがあるためその保険として手数料の割合に違いをつけているわけです。

コストの面で見ると3社間のほうが圧倒的に安いですが売掛先企業の合意のもとでサービスが行われるためサービス利用会社が資金繰りに困っているというのが知られてしまいます。

この先も売掛先企業と長く取引を続けていこうと考えている場合マイナス材料になってしまうでしょう。

2社間の場合は手数料は高めですがスピードの伴った対策をとれます

また注意しなければいけないのは買取可能金額や個人事業主のサービス利用が可能かどうかというのもありますのでサービス会社を選ぶ際は気を付けなければなりません。

このように選ぶ要素はたくさんありますのでどこを優先するか検討したうえでサービス会社を選ぶ必要があります。

 

売掛金を早急に資金にしたいと考えている企業にとってファクタリングは理想のサービスです。

内容はサービス利用会社とサービス会社の2社間で行うものと売掛先企業を交えて行う3社間で行うものがありコスト面と効率面で違いがあります。

またサービス会社によって対応できるサービス内容も違ってきますので慎重に選ぶ必要があります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧