【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングを利用できる限度額を知っておこう

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/11

東京などでファクタリングを利用する際に気をつけたいことの一つが、その時の限度額がどれくらいかということです。

実際におこなう場合は専門の業者を利用することになりますが、その場合、限度額はその業者によっても大きく違っています。

 

限度額を超えると扱ってもらえない売掛債権

ファクタリングをおこなう場合、その業者によっても限度額が大きく違っているので、その点には気をつけなければなりません。実際に設定されている額までであれば取引をしてもらうことができますが、その額よりも高くなってしまった売掛債権は扱ってもらえないからです。

したがって、実際にファクタリングをおこなう場合は限度額がどれくらいかということ、さらに手数料がいくらかなどを調べる必要があります。手数料も実は業者によって違っており、その額によって手に入る現金が大きく変わるので注意しなければなりません。

 

あまりにも売掛金が大きいという場合

売掛債権の額はその取引によっても違っていますが、その金額がファクタリング業者の限度額を超えていると取り扱ってもらえません。ただ、業者によっても設定額は違っているので、まずはその金額でも取り扱ってもらえるところを探すことが重要になります。

また高額な場合は金融機関を母体にしているところや、銀行がおこなっているサービスを利用するという方法もあります。実は、金融機関や銀行などが関係しているところの方が、金額が高額に設定されていることが多くなっているからです。

とは言え、実際に大口のファクタリング自体は決して良いというものではないので注意しなければなりません。

 

小口の場合と大口の場合で利用すべき業者が違う

ファクタリングをおこなう場合、実際に必要な額を手に入れることができる業者はどこかということが重要になってきます。その場合、自分たちが持っている売掛債権の額がその業者の限度額の範囲内かどうかということが重要です。

ただ、一般的には上限ばかりが気にされがちですが、実は下限に関しても気をつけておかなければなりません。なぜなら、その額より少ない売掛債権の額という時も、やはり取り扱ってもらうことができないからです。

通常、ファクタリングでは300万円以下の取引の場合は小口と呼ばれており、大口に比べるとスピーディに現金を手に入れることができます。一般的には小口の取引をおこなうことが多く、取引数の約7割から8割を占めている状態となっています。

もちろん大口の場合は、大口の対応をすると最初から名言している業者を利用することが重要となるので注意しましょう。

 

ファクタリングは売掛債権が何円であったとしても、利用することができるというわけではありません。実際には業者が設定している限度額の範囲内かどうかということが重要なポイントとなり、限度額を超えていると業者に扱ってもらうことはできません。

したがって、まずは自分たちが利用したい売掛債権がその業者の扱う対象となっているかどうかを調べましょう。またもし高額すぎるという時は、金融機関が母体となっている業者を利用するか、銀行がおこなっているファクタリングを利用します。

さらに限度額に関しては上限ばかり気にしてしまいがちですが、実は下限に関しても気にしなければなりません。どちらの条件も満たしていなければ、業者は売掛債権を扱ってくれることはなく、必要な現金を手に入れることができないからです。

ファクタリングは一般的に300万円以下の小口の取引が全体の7割から8割を占めていますが、それ以外の希望額という場合もあります。実際にスムーズに取引をおこなうためにも、事前にその業者が扱っている額がどれくらいかということを必ず調べておきましょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧