【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングの仮審査と本審査の主な違いとは?

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/03/11

ファクタリングとは、企業が持っている未回収の売掛金を買い取ってもらうサービスのことを言います。

日本の企業では、商品やサービスなど先に提供してから代金を回収する与信取引が一般的です。

そのため、売掛金の入金がされるまでの間に資金難に陥ったり貸し倒れになってしまう不安を抱えている企業も少なくありません。

これらを回避、サポートしてくれるのがファクタリング会社です。

このサービスを利用するには、金銭のやり取りが行われるのでしっかりとした審査と契約が必要になってきます。

審査には仮審査と本審査があり、どちらも通過しなければなりません。

この2つの審査の具体的な内容と違いを見ていきます。

 

最初の仮審査で信頼を勝ち取ることが重要

ファクタリング会社へ問い合わせや申し込みを行なった後に、早速仮審査が行われます。

仮審査の内容は、最低限のチェックのみがされます。

依頼してきた会社が本当に存在しているのかどうか、いくらの資金調達が必要でその使用用途は何なのかなどをヒアリングしていきます。

内容は簡潔なものだけですが、このヒアリングはお金の取引や数字のプロによって行われ、細かな部分までしっかり見極めます。

そのため、嘘偽りなく回答してここで信頼してもらうことが大切です。

 

本審査では書類が重要

仮審査を通過すると、すぐに本審査が始まります。

ファクタリングはスピーディーな資金調達が基本なので、本審査も平均して3日程度で終わります。

ここでは書類の審査が主になってきます。

必要書類は、法人事業の説明資料・過去2~3期分の決算書・資金繰り表や銀行口座の通帳・売掛金証明書・税金や社会保険関係書類などです。

依頼する会社によって必要書類の内容は変わってきますが、基本的には会社の登記簿抄本や印鑑証明、決算や資金の流れが明記されている書類です。

なかでも、発注が本当にされているのかは売掛先に直接確認が取れないため、請求書や売掛先との契約書は細かく確認されます。

この本審査がスムーズ且つスピーディーに進むように、予め書類の準備をしておくことが大切です。

また何社かのファクタリング会社に見積もりを依頼する場合は、その依頼する会社分の書類が必要になってくるの、事前に多めに用意しておくことを推奨します。

 

どちらの審査も偽りなく信頼を得ることが大切

仮審査・本審査がどちらも滞りなく行われたら、ファクタリング会社と契約をして入金が完了します。

ここまでにそれほどの日数は要しませんが、審査に関してはお金のプロが短い期間でしっかりと、依頼した会社と売掛先の経営状態など内部を見極めています。

そのため、提示された書類は早急に手配し不備なく全て提出することや、ヒアリングでの曖昧な回答などは避けなければなりません。

また、依頼した会社と売掛先が信頼関係のもと取引が行われているかも審査の対象になります。

さらにファクタリング会社とも信頼関係を築くことが重要です。

このように、全てにおいて信用が疑われないように進める必要があります。

 

信用取引が主となる日本の企業にとって、このファクタリングはリスクも少なく非常にメリットであると言えます。

これを上手に活用することも、会社経営を円滑に進めていく一つの手段になります。

そのため、このサービスを利用する場合は事前にしっかりと調べて、必要なものは問い合わせの前に準備しておくことが大切です。

ファクタリング会社も多数存在しているので、比較検討も需要です。

手数料がどの程度なのか、ファクタリングの種類など様々なので、よく調べなければなりません。

仮審査は簡潔なヒアリング、本審査は書類審査であることがわかりましたが、どちらも嘘偽りなく伝えることが重要でありスムーズに契約へと結びつくことができます。

そして相手とは信頼を築き、良い関係を作ることで円滑な取引ができると言えます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧