【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

どの業種がファクタリングに向いている?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/01/11

資金調達のための新たな方法として、最近注目を集めているのがファクタリング業です。

この取引で利用することが出来るのは売掛金債権が発生する事業に限定されることになります。

数多ある業種のなかでもこの取引で資金を融通することに適しているものがあるのも確かです。

 

支払いサイトが長くなる事業が向いている

ファクタリングとは取引先に対して有する売掛金債権を支払い期限前に、買戻し請求権なく買い取ることで現金化する取引のことです。

この取引に需要が集まるには長期化する支払いサイトの問題があります。

どれだけ信用力の高い取引先に対して売掛金債権を取得していても、現実に現金が入金されるまでにはタイムラグがあるのが一般的です。

いくら財務内容が黒字であっても、支払いサイトが存在するおかげでキャッシュフローを確保出来ない場合があります。

事業を継続するには従業員の給与を毎月支払う必要がある上に、次の案件に取り掛かるためには資材費用や機器購入やレンタル費用などを現金で用意する必要があります。

しかるに支払いサイトのおかげで、時宜にあったタイミングで現金を用意できないままでは、事業は行き詰まりをみせることになり、最悪の場合倒産の憂き目に会う可能性があります。

他方で取引先金融機関からつなぎ融資を受けるにしても、財務内容が悪化していたり、事業の将来性に疑問が向けられれば審査を通過出来ない場合があります。

このようなシビアな状況でも現金確保を可能にするのがファクタリング取引になるわけです。

 

製造業での資金調達にピッタリの方法

それではこの取引を利用するのに向いている業種にはどのようなものがあるのでしょうか。

売掛金債権が発生する取引で、支払いサイトの期間が長期化する傾向が顕著なのは製造業を挙げることが出来ます。

従前は人件費の安さや円高傾向などの影響で中国をはじめとする海外への製造業の進出が継続していましたが、現地での人件費の高騰や政治上のリスクを嫌って、国内への製造業の回帰傾向も見られるようになっています。

そのため製造業の資金需要が比較的旺盛になっているほかに、製造業特有の問題もあります。

とりわけ売掛先からの入金の前に、次の発注が来ることも多く、潤沢なキャッシュフローを確保するべき必要性が高いと言えます。

また国内製造業は海外との激しい価格競争にさらされている状況には、変化がないため利益率も低いなかで事業継続を余儀なくされている事情も抱えています。

しかも手形による決済が行われることも多く、多少は割引手数料を支払っても起源前に現金化する需要がとりわけ高いと言えます。

このような事実関係を踏まえれば、製造業がこの取引に向いていることは明らかです。

 

取引先に信用面で不安を抱かせないことも可能

支払いサイトを気にすることなく、しかも万が一取引先が倒産しても回収不可能のリスクも抱える必要がない点で、ファクタリングは機動的な資金調達として優れているのは明らかです。

ただしこれは自社の資金を融通する点だけに焦点を当てたときの話です。

通常の3社間取引では、この取引を利用した事実を告知することになります。

もちろん単に取引行為を行っただけの事実を告知するに過ぎないわけですが、事実上売り掛け先の取引会社にとってみれば、御社に対する信用性に疑問符を抱かせることになるのも事実です。

融資が必要な状況になれば、財務状況を開陳して取引先金融機関の融資を検討すればいいだけのことだからです。

3社間取引にはこのように、売り掛け先の相手に信用状況についての危惧の念を抱かせることがあり、今後の継続した取引関係を維持する観点から、最近で取引先に事実を告知しない二社間取引が採用されることも増加しています。

 

会社や事業体を継続して展開するためには、毎月の人件費や次の取引や事業拡大のための材料費や器具調達費用などが常に必要としています。

しかるに取引先から現金が入金するまでには長期間の支払いサイトを待つ必要がある場合も少なくありません。

このような傾向が濃厚な業者には製造業があり、ファクタリング取引の利用に向いているといえます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧