【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングは個人事業でも利用可能?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/11


日常的な資金繰りや新規事業の資材や機器購入など、事業を展開していく上では常に現金を必要とします。

金融機関からの機動的で時宜にかなった有志を必ずしも受けることができないなかで、ファクタリングは有力な資金繰りの選択肢になります。

 

法人でないと、個人事業主では融資を受けるのは難しい

日本国内の事業主は9割以上はいわゆる中小企業で占められているとされています。

事業の種類を問わず、中小企業を経営している方にとって、必要な額のキャッシュフローを常に用意しておくのが理想的ですが、支払サイトが長期化する傾向があるので、必ずしも所望のときに現金を調達できるとは限りません

会社などの法人格を取得している経営者ですら、このような傾向が当てはまるので、個人で屋号を掲げて事業を行っている事業主の方にあってはなおさら資金調達の途は難しくなります。

金融機関の事業用ローンは多くの場合、何らかの会社形態を前提にしているので、安定した収入を見込むのが難しい個人事業主であっては、なおさら金融機関での融資を通過することは困難になります。

もちろんめぼしい不動産などの担保に供する財産を有していれば、融資を受ける機会は多くなるでしょうが、資金繰りに窮する事業主の方では多くの場合、すでに担保に供出しているのが一般的なので、別の視点で資金調達を検討する必要があります。

このような事態でも利用を検討可能なのがファクタリング事業になります。

 

個人事業主ではファクタリングも拒否される可能性も

ファクタリングとは取引先に対して保有する売掛金債権を変換請求権無しに買い取ることで、期限到来前に現金で支払を受けるという取引です。

この取引を利用することのメリットは、信用性審査は主に売掛金を保有している取引先の信用性に焦点があてられることになるので、仮に財務状況が悪化していたり税金を滞納している状態でも、資金調達を可能にする点にあります。

また仮に取引先が支払期限前に倒産などして、事実上債権回収が不可能になっても、そのリスクを負担する必要がない点にあります。

従って従来では金融機関では融資審査を通過することが困難な状況でも、取引先の信用状態さえ問題なければ現金を確保できる可能性が大きくなる訳です。

しかしここでもこのような恩恵を受けることができるのは、株式会社などの法人形態をとっている場合です。

なかには個人事業主では取引に応じていない場合も少なくないのです。

そこで個人でも取引に応じてくれる会社を選ぶのがポイントになります。

ただ手数料は若干高くなるのは致し方ないといえます。

信用力が客観的に低いとされている以上は、ある程度の手数料の高さは許容せざるをえません。

 

個人事業主でもファクタリングしてくれる会社の特徴

それでは会社形態ではなく、個人事業主の方でも取引に応じてくれるファクタリング会社の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず個人の事業主への取引実績が豊富な会社を選択することが大事です。

会社以外では門前払いされる可能性もあるので、この点はまず確認するべきです。

そして潤沢な資金力を保有していることも大事と言えます。

運転資金などの一時的名資金需要を充たすためには、審査機関も数日以内の短期であることが望ましいといえます。

資金力が豊富であれば、審査までの時間も短縮されるので臨機応変な資金需要にも対応することができるでしょう。

 

日本国内での事業体はほとんどがいわゆる中小企業に当たるものです。

長期化する支払サイトなどの問題もあり、常に一定のキャッシュフローを用意しておくことは事業主の方には常に課題になっています。

とくに会社形態ではない個人事業主の方ではより切実な問題です。

そこで問題解決のためには個人の事業主でも対応できるファクタリング会社を見つけるのが重要です。

その際には取引実績が豊富か否かがポイントになります。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧