【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

診療報酬ファクタリングについて

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/01/24

金融サービスにはさまざまな種類と方法がありますが、その中でも注目を集めているのがファクタリングと呼ばれる金融サービスです。売掛債権を保有していることによって手元に現金がなくて困っている人から売掛債権の買取という方法で現金で支払ったうえで、買い取った先が売掛債権を回収するという仕組みになっています。

さまざまな業種に対応しているサービス

売掛債権とは、将来的には現金化する予定であることから売上金と売上という形で仕訳をおこないますが、将来的に利益になるものの現時点では現金ではないために、売掛債権があまりにも増えると手元の現金が少なくなります。

売掛債権が増加すると現金収入が減るという流れになるため、仕入れができなくなったりといった具合に企業活動に支障をきたしてしまうのが難点です。さらに売掛債権はその名の通り債権ですので、確実に回収できると言いきれないところは、企業経営において増えすぎることで大きな不安材料をもたらす要素となるため、できれば早く回収できるのが理想です。

とはいえ、売掛金扱いになってしまう理由は相手先が今は支払えない状態であることを意味しているため、大事な取引先相手の場合にはすぐに支払うようにせかすわけにもいきません。

こうした状況を解決してくれるのが、売掛債権を買い取って現金化してくれるファクタリングサービスで、さまざまな業種に対応しています。売掛債権の内容はさまざまですが、まずは企業活動の根底である仕入れと販売から生じる売掛債権がメインとなる小売業から、資材の調達資金が必要になる建設業、さらには医療機関においては病院から個人開業医、さらには医薬分業で薬の調剤をおこなう調剤薬局も含めた医療と介護関連の売掛債権の買取にも応じています。

高齢者の増加で拡大する介護事業の現場も売掛債権が増加傾向にあり、介護関連も対象となっているのも特徴です。現代社会においてはさまざまなサービスが提供されて便利になっていますが、利用者数が多いところでは必然的に売掛債権も増加し、新たな金融サービスとして生まれたのが最大の特徴と言えるでしょう。

医療機関に特化した需要が急増している理由

高齢化が進む日本では医療機関を受診する高齢者は増える一方ですが、診療費が払えないという人も多くなっています。所得の格差が生み出した弊害とはいえ、医療機関としては病院にしても個人開業医にしても病院経営の基盤を揺るがしかねない問題となるため、しばしばファクタリングサービスが用いられます。

この医療機関におけるファクタリングサービスの代表となるのが診療報酬ファクタリングです。日本においては国民皆保険制度によって、医療機関の窓口では、所得や年齢に応じて定められた負担割合額だけを支払うだけで受診ができるようになっています。

医療機関は10割を収入として得られますが、診察をおこなった時点では最高でも3割までしか窓口で現金収入を得ることはできません。残りの診療報酬は月に一度、受診者が所属する健康保険組合に当てて診療報酬明細書、通称レセプトと呼ばれる書類をまとめて送り、受け取った健康保険組合が間違いないと確認してから残りを支払う仕組みとなっています。

これは医療機関だけでなく調剤薬局にも用いられていますので、医療関連施設は報酬の一部だけを先に受け取り、残りの大部分を収入として得るのにタイムラグが生じてしまうのが特徴です。このタイムラグによって医院の経営が滞る開業医も少なくなく、手数料を支払ってもファクタリングサービスを利用することで、診療報酬債権を買い取ってもらいたいと考えるところが増えています。

早期に現金化することで資金繰りの流れを保ち続けられる医療機関が増えているのは、医療費が増大化している日本社会の特徴です。このタイムラグで生じる売掛債権は、病院と個人開業医、そして調剤薬局も含めて診療報酬債権と呼んでいます。

医療においては医療機関での診察と、院外処方が定着したことで調剤薬局をも含めた医療分野の連携が不可欠ですが、これら医療機関での利用が増大している背景には、診療報酬明細書を各健康保険組合に送り、不正がないかを確認するレセプトチェックを経てからでないと、残りの診療報酬が支払われない仕組みにあります。

実際のところ、残りの診療報酬を手に入れるまでに最大で3か月待つことも少なくないとあって、資金繰りが困難になるのも無理はありません。開業してからある程度の年数が経ち、軌道に乗っている場合には、現時点では3か月前の報酬が振り込まれることで資金繰りが成り立ちますが、個人開業する人が多い歯科医師は、歯科医院の増加で患者の奪い合いが起こり、結果的に患者数が激減して資金繰りが悪化することもしばしばです。

手元現金を用意できなければ、受診に来た患者の治療に必要な歯科材料がそもそも購入できないといったデメリットが生じることから、心療そのものが成り立たず、手数料を支払ってでも早く診療報酬債権を買い取ってもらうという選択を取らざるを得ない医療機関がそれだけ多いと言えるでしょう。

医療機関の悩みを救うサービスとして広まる可能性

競争が激しい歯科医院が多く利用するだけでなく、診療報酬明細書を健康保険組合に送付し、チェックをおこなったうえで残りを支払うというシステムが変わるか、もしくはより迅速におこなわれて待っている期間を、最低でも1ヶ月程度に抑えられるかでもされない限りは、他の医療機関にも診療報酬債権で資金繰りが悪化する可能性は常にあります。

団塊の世代が後期高齢者となるこれからの時代、受診する患者が増えるとともに診療報酬債権も増加することになりますので、よりいっそう診療報酬債権の買取を希望する医療機関が増えてもおかしくありません。むしろ、診療報酬債権を早く手放せることによって救われる医療機関が増える可能性のほうが高いかもしれず、今後はさまざまな医療機関の資金繰りの悩みを解決するサービスとして広まっていきそうです。

医療機関の多くが院外処方で薬を出すようになったのは、院内処方では薬の仕入れにお金がかかるにもかかわらず、その仕入れのために必要なお金は、診療報酬の残金が振り込まれるのを待つ必要があるからです。限られた薬だけを処方するのであれば、院内処方には薬剤の収入というメリットがあるものの、ひとたび資金繰りが悪化すれば薬を揃えるための仕入れがままならなくなります。

さらに、院内処方にするには薬剤師を雇用する必要もあり、人件費がかさむことでますます資金繰りが困難になるというデメリットを考慮した結果、院外処方にするところが増えていると言えるでしょう。院外処方にすることで薬の出来上がりに必要な患者さんの待ち時間を減らせるとして、医療機関が患者さんを思ってのサービスとするところがほとんどですが、裏を返せば薬を仕入れることで資金の調達がより大変になるという、内輪の事情があるのは否めません。

診療報酬が現金になるまでのタイムラグをなくせるサービスを利用するには手数料が必要ですが、仮に手数料がかかっても、今すぐに資金を調達することのほうが大事だという医療機関が多いことが、債権を買い取るという新しい金融サービスの分野の中に、診療報酬に特化した診療報酬ファクタリングが生まれた最大の理由と言えます。

 

さまざまな業種において発生する売掛債権は、現金化の遅れによってしばしば資金繰りの困難を招きます。この状態を回避し、事業継続に必要な資金を用立てる売掛債権買取という新しい金融サービスが広まったのは、資金の流れが経営に大きな影響を与えることを顕著に示すものです。

とりわけ収入を手に入れるのに時間がかかる医療機関は、診療報酬債権の買取という医療特有のシステムに対応した診療報酬ファクタリングサービスにより、資金繰りの問題を解決できる可能性が高まっています。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧