【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングのメリットとデメリットを知ろう

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/21


ファクタリングには、返済の必要性と信用情報などのメリットがあります。

また担保が求められる事はありません。

しかしデメリットもあって、調達できる金額は売掛金の範囲内になります。

それと手数料が若干高めな事もあります。

 

ローンのようにお金を借りる訳ではない

ファクタリングは、ローン商品とは全く異なります

売掛金を売却するシステムになりますから、金融機関からお金を借りる訳ではありません。

ローンでお金を借りますと、返済の義務が生じてしまいます。

しばらくの間は返済し続ける事になりますので、負担の大きさを感じている方々も多いです。

それとローンの場合は、万が一返済に遅れてしまった時には、信用情報に記録されてしまう可能性があります。

一旦記録されますと、今後は金融会社からお金を借りるのが難しくなります。

ですからローンでお金を借りた時は、延滞は要注意です。

それに対して上述の売掛金売却の商品の場合は、お金を借りる事はありません。

あくまでも売掛金を売るシステムなので、返済の義務は生じません。

返済の義務がない以上は、もちろん信用情報に記録される事もありません。

ローンよりは気軽に利用できる」という声も多いです。

 

申し込みの際に担保などは必要ない

ところで資金繰りが必要な時は、担保が求められる事があります。

例えば不動産担保ローンという商品があります。

比較的大きな資金を借りられる商品ですが、不動産の担保物件が必要です。

担保がなければ、お金を借りる事はできません。

その他にも、株式担保ローンという方法もあります。

万が一の延滞の時には、株式債権を売却する融資商品になります。

しかし株式担保ローンを利用するにしても、担保が必要です。

それに対してファクタリングの場合は、わざわざ担保を用意する必要はありません

あくまでも売掛金を売却する事になるので、数ヶ月後などに支払われる予定のお金があれば問題ありません。

担保不要で利用できるのも、この売掛金売却の商品のメリットの1つです。

 

手数料と調達できる金額の上限のデメリット

上述のように複数のメリットはありますが、デメリットもあります。

その1つは手数料です。

そもそもローン商品で借りる場合は、金利手数料は支払う事になります。

ノンバンクによるビジネスローンですと、金利手数料は15%近い数字になっている事も多いです。

銀行の場合は、金利はもう少し低めになります。

ところで上述の売掛金売却の商品も、手数料はあります。

特にノンバンクの場合、手数料は若干高めです。

金融会社によっては、手数料は20%以上に設定されている事があります。

上述のローン商品よりも、手数料が高くなってしまう事がありますから、注意が必要です。

ただし、それも利用する金融会社次第です。

確かにノンバンクの場合は、手数料は若干高めではあります。

しかし、この売掛金売却の商品は、銀行も提供しています。

銀行の場合は、総じて手数料は低めです。

それともう1つデメリットがあって、調達できる金額は売掛金の範囲内になります。

売掛金以上の金額で調達する事はできません。

例えば数ヶ月後に支払われる予定の売掛金は、300万円だとします。

それで手数料が20%なら、240万円程度の資金を調達できる訳です。

銀行の場合は、もう少し多めな資金を調達できる事もあります。

しかし300万円以上の資金を調達する事はできません。

売掛金を売却するシステムですから、あくまでも300万円以内になります。

やや大きな資金を調達するのは、難しい事もあります。

 

ですからファクタリングは、利用する金融業者によっては手数料が高めになる事もあれば、調達できる金額の上限もあります。

しかしローンと違ってお金を借りる訳ではありませんし、担保も不要です。

それにメリットを感じて、この売掛金売却の商品を活用している方々も多いです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧