【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングは許認可を得なくてもいい?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/10/02

ファクタリング取引により資金調達をおこないますから、貸金業法の許認可が必要ではないかと思うはずです。東京にはいくつもそういう会社がありますので、実際にどうなのか分からないという人もいるかもしれません。取引の安全性に関わってきますので、知っていて損をすることはないでしょう。

貸金業には該当しないので許認可は不要

ファクタリング取引は売掛金などの売掛債権を第三者に売却することにより、期限前に資金調達する方法です。ファクタリング会社は申込者の売掛債権を買い取って、手数料などを差し引いて申込者に現金を渡すということです。

それに対して、消費者金融などの貸金業者は現金を貸し出すことによって、申込者は現金と利息を返済するということです。現金を受け取ることができるという意味では同じように感じるかもしれませんが、前者の場合は単なる売買取引に過ぎません。後者の場合は現金の貸し借りが存在するわけですので、貸金業法に依らなければいけないです。

貸金業者は貸金業の登録が必ず必要になり、登録をしていない業者は闇金業者に該当し、怪しいと言ってもいいでしょう。ファクタリング取引においては売掛債権の売買に該当しますので、貸金業や融資には該当しません。

資金調達するうえで資産の売却に該当しますので、許認可が必要ないということです。事業そのものは貸金業法に依りませんので、誰でも事業をおこなおうと思えばおこなえるということが言えます。銀行や消費者金融などに比べると、参入障壁が低いためにどんな企業でも参入できる可能性があるということです。

業界団体に入会している企業は少ない

実業務をおこなうに当たり、許認可が必要ないということは、いろいろな企業が参入してくる可能性があります。企業がいろいろと参入することができたとしても、業界団体が存在していれば、もし利用者を騙すような企業がいたとしても、それなりに守られる可能性があるということです。取引の安全性を図るために、業界団体の存在は必要不可欠だと言ってもいいでしょう。

銀行であれば、全国銀行協会や全国地方銀行協会、第二地方銀行協会といった業界団体があります。取引の安全性が図られなかったのであれば、こういう業界団体に訴えればいいということです。

ファクタリング業界はまだ新しいけれども、2012年に一般社団法人日本ファクタリング業協会が設立されています。しかし、加入する企業が圧倒的に少ないので、すべての企業の実態を網羅することはできないです。もし不正を犯す企業がいても、この協会では加入企業が少ないために、あまり効果がないでしょう。

企業選びが何よりも重要になることを理解しよう

ファクタリングを扱う企業は許認可がいらないということもあって、東京都内でもたくさんあると言ってもいいでしょう。この中にはまともな企業もたくさんあるかもしれませんが、悪徳な企業も混じっている可能性があります。

悪徳な企業が混じっていたとしても、利用者がそれをフィルタリングすることは難しいです。普通にそういう企業が混じっていると思って、企業を見極めなければいけないです。

企業を見極めるためのヒントとして、ここで紹介されている企業を中心に当たるというのがいいかもしれません。紹介している企業を中心に、自分たちのニーズを満たすことができる企業で利用するというのがいいです。

 

ファクタリング取引をするに当たり、提供する企業は貸金業と違って、単なる売掛債権の売買取引ですので、許認可は必要がありません。国や都道府県に届け出る必要がないですので、自由に取引をすることができるということです。

そうなってくると、問題になるのが悪徳企業の存在です。悪徳企業でないかどうかを、利用者がしっかりと見極めることが必要不可欠になります。業界団体も存在はしますが、加入企業が少ないため、そこに期待することもできませんので、自分たちで見極めながら利用をしていってください。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧