【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

おすすめできるいいファクタリング会社のポイントは?

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/21

ファクタリング会社は運転資金などの需要の他に、一定の時期にまとまった現金が必要になる税金や公的保険料などの支出のときなどにも利用できるので利便性が高いのがメリットです。

しかしサービス提供が開始されて以降、規制が緩く参入障壁も低いので問題のある業者が存在するのも事実です。

利用してから「こんなはずではなかった」と後悔することのないように、利用するにあたって選択するときのポイントを御紹介します。

 

手数料や審査のスピード、取扱い種別がポイント

ファクタリング会社を選ぶに際しては幾つかの基準で比較対照することができます。

注目するべきなのは、手数料・審査までの期間と債権の取扱い種別と営業時間が主なものになります。

具体的に各項目のポイントを検討してみます。

まず手数料は一般の融資に引き直せば金利に相当するものですが、直接のコストに跳ね返ってくるので当然低いほうが望ましいといえます。

手数料は三社間取引と二社間取引では異なっており、原則的な三社間取引では2-20%で、2.5-15%くらいになっています。

手数料はこのようにかなり幅広くなっていますが、高い会社では信用性に問題のある債権も対象にしていることを意味している場合もあるので、単純に比較できない側面もあります。

申込みに対する審査の期間ですが、最短で即日対応から1週間程度に分布しています。

おおむね3日程度に審査の可否が出るようなので機動的な資金需要に応える点ではおおむね短期間でのレスポンスを期待できるようです。

取扱い債権については最低価額がいくらになっているのか、診療報酬や介護報酬なども対象にしているかなどがポイントです。

営業時間ではWEBサイト経由対応では24時間対応で受け付けている会社もあります。

 

買取金額に違いがでるのはどうして

ファクタリング会社では会社ごとに同じ債権であっても買取金額に差が出てしまいます。

そのような違いが出るのは、買取が得意な業種に違いがあり、各社の設定している利益率が異なるからです。

となればもちろん高額査定の出る会社と取引できれば理想的です。

そのため時間的に余裕があるのならば、複数の会社に査定を出してみて査定金額を比較対照するのもおすすめです。

ところで各社の手数料の算定根拠は、印紙代や事務人件費などの事務手数料と掛目から構成されています。

中でも後者の「掛目」が大きなウエイトを占めるので注意を払う必要があります。

多くの会社では10-15%になっています。

一つの相場額として目安になりますが、この数字を下回っている場合、明記している手数料に「掛目」が含まれていない公算が大です。

あくまで実質的に負担するべき金額がいくらになるのかを、念頭に置いて選択する姿勢が必要です。

そして会社の社会的信用性をはかるものとして、本店所在地や連絡先、口座情報などに怪しげな内容が含まれていないかも基礎的な事項ですが感化できない点です。

レンタルオフィスや携帯電話番号などが連絡先になっている、口座名義人が関係のない第三者や個人名義などは要注意です。

 

地域密着型の会社を探すというのも選択肢の一つ

現在ではこの取引を取扱う会社は100を超えるにいたり、利用者の選択肢が増えたのは嬉しい傾向です。

ただし地域的には東京を中心にした関東圏に本店を構えている場合が多くなっています。

キャッシュフローの確保についてのニーズは全国規模で存在するはずで、当然のことながら御社の近隣に本店を構える会社と取引をした方が余計なコストをかけることもありません。

これはファクタリング取引についても妥当することで、最近ではそれぞれの地域に密着した会社も増加しています

地域密着型ならば郵送事務などの手間も少なくなるので、一層迅速な審査や対応を期待できます。

 

ファクタリング会社を利用すれば支払期限までの期間の長さを問題にすることなく、現金を調達することが可能になります。

どの会社を選択するべきかは手数料や審査までの期間などに着目するべきです。

迅速で柔軟な対応を期待するなら地域密着型の会社を選ぶのも妥当な判断です。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧