【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングにおける債権譲渡登記とは

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/17

資金調達方法の中でも現在利用する企業が増えているものの一つがファクタリングと呼ばれる方法となっています。そこで、安全にこのサービスを利用するために知っておきたい言葉の一つが債権譲渡登記です。一体この言葉は何を意味しているのかを最初にしっかりと把握しておくとより良いでしょう。

そもそも債権譲渡登記とはどういうものか

そもそも登記とは、法律で定められているもので一定の事柄に対して帳簿などに記載することを言います。では債権譲渡登記とは一体何かというと売掛債権が譲渡されたというのを法務局にある登記簿に記録することをいいます。

つまり、債権譲渡登記とはファクタリングなどによってその債権が別の人・企業に譲渡されたというのを証明するためのものです。例えば不動産を持っていれば不動産登記がおこなわれていますが、なぜこのサービスを利用して資金調達をするときに債権譲渡したことを登記する必要が出てくるのでしょうか。

売掛け債権を利用するファクタリングでは、その売却契約を結んで現金のやり取りがおこなわれています。しかしこの場合売掛債権を誰が買い取ったのか、つまり譲渡されたのかというのを明らかにしなければ、誰でもその権利を申し出ることができるようになってしまいます。

そうした余計なトラブルを起こさないようにするためにも必要となるのが登記で、これをおこなうことで誰が買い取った売掛債権なのかというのを証明できるようになります。ファクタリング会社としてはこのように売掛債権の譲渡を登記することができなければ、今取引しようとしている売掛債権はすでに他の会社に売られてしまっているものかもしれないというリスクがあります。

それを解消して安全に取引をするということからも、売掛債権に関しては債権譲渡登記を設定するというのはごく当たり前におこなわれているのです。

ただ、この手続きをおこなってしまうと、例えば売掛債権を譲渡したというのが売掛先に知られてしまう可能性があるというリスクは存在しています。また金融機関にもこの手続きをしたことが明らかになるため、融資を希望する際にその取引がマイナス要因として働いてしまう可能性もないわけではありません。

そのため、このようなデメリットを回避する目的から、売掛先から債権譲渡通知への承諾をもらい、債権譲渡登記なしでおこなう方法も選ばれています。

債権譲渡登記の口コミはどうなっているのか

債権譲渡登記をおこなうことによって、売掛債権の二重譲渡を防ぐことができるようになるので、売掛金回収ができなくなるというリスクがかなり軽減されます。つまり、このように債権譲渡登記をおこなうのは、ファクタリング会社にとっては安全な取引のための保険だということもでるでしょう。

ただ、インターネット場にはいろいろと口コミも掲載されており、実際に利用した人からの意見というのも数多く発見することができるようになっています。もし今後この制度を利用したいというときは、あらかじめどのようになっているのか、どんな感想を抱いている人が多いのかをチェックしておくのも良いでしょう。

現在見られる口コミとしては、利用してよかったというプラスの意見のものも数多く発見することができるようになっています。ただそれ以外にも、登記することによるデメリット、注意点が書かれているということも実は珍しくないので、そうした少しマイナス気味の意見とも言えるものにも目を向けるようにしましょう。

この取引で債権譲渡登記をおこなう場合の注意点としてはどうしてもタイムラグが発生してしまう可能性があると言うことです。実は、実際の債権譲渡登記は直接法務局に行かなくても、郵送でもおこなうことができるようにはなっています。

しかし郵送の場合はリアルタイムでのやり取りができるわけではなく送るための日数が少し必要です。そのため、数日、もしくは数週間のタイムラグが発生してしまう可能性があるあるというのも理解しておくほうが良いのではないでしょうか。特になるべく早く資金を調達したいと考えている経営者の場合は、このタイムラグを気にせずに申し込みをしてしまうのはなかなかリスキーだと言えるからです。

債権譲渡登記の評判はどうなっているのか

債権譲渡登記はファクタリングをする場合に必ずしなければならないと言われることもありますが、実際にはよくわからない人も多くいます。そのため、よくわからないからこそ漠然とした不安を抱いてしまったりする人も決して珍しくありません。

また登記自体困るという人もいますが、実際にファクタリングをしたことがある人の評判としては、そんな心配は杞憂だったということがよくわかるはずです。登記というと一般的には不動産の登記がよく目にしたり耳にしたりするかもしれませんが、この場合の登記と売掛債権を譲渡する場合の登記とはかなり違っているということを理解しておきましょう。

たしかに譲渡されたことは登記されるのですが、それを見たからと言ってどの売掛先なのかは全くわからない状態になっているからです。また、利用するファクタリング会社によっては、買取手数料なども低く設定されているところもあるので、手数料が高額すぎて困るということも実はあまりありません。

したがって、実際に取引をする前はどうしても不安を感じたりして、登記だけは困る、絶対にしてもらいたくないからそれ以外の方法を検討すべきではないかと思う人もいるでしょう。しかし実はそれほど心配する必要はなく、さらに手数料の面からいっても経済的な負担をかなり低くした形での取引も十分可能となっています。

債権譲渡登記に関してなどで不安な点、わからない点がある場合は、まずは評判とかをチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。これらの情報に関しては、インターネットを利用すれば簡単に調べることができるようになっています。

わからないものに対する漠然とした不安は、お金に関することだけでなくそれ以外のジャンルでも抱いてしまうのは珍しくありません。しかしわからないからおといってこのままの状態で放置してしまい、結果的にこのサービスを利用しないのはかなり勿体ないことだと言えるのではないでしょうか。

ファクタリングは資金調達の方法としても便利で利用価値が高いものということができるからです。したがって、不安を解消するためにも、まずはわからない点、知らない単語については調べてみるというのもおすすめの方法です。

 

ファクタリングをする際は、その売掛債権が譲渡されたというのを法的に証明する必要があるので、基本的には登記がおこなわれています。正しく登記することによってリスクを最小限にして取引ができるようになるというメリットが存在しています。

ただ実際にこのサービスを利用したことがない人にとっては、登記という言葉自体が引っかかってしまうことも少なくありません。しかし実際におこなった人の口コミ、評判を見てみると登記に関する不安も解消されるのではないでしょうか。

したがって、漠然とした不安などを抱かずに正しくサービスを利用するためにも、しっかりとどのような手続きなのか、さらに評判などはどうなっているかをあらかじめ調べて理解しておきましょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧