【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

家賃収入ファクタリングについて

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/24

資金調達には様々な方法がありますが、その一つの方法としてファクタリングがあります。この手法は新しい資金調達方法ですが、不動産業界では家賃収入を売掛債権としてこのサービスが活用されています。

売掛債権は儲けであり、将来入ってくる債権で、長期的に安定した収益源ではありますが、一度に多額のお金が動く不動産業では現金が重要です。

家賃収入を売掛債権とすることのメリット

資産運用の方法は多種多様で、多岐にわたります。また、金額によっていろいろな選択肢があります。その一つとして、家賃収入を売掛債権とするファクタリングという資金調達法が注目されています。

この資金調達法は、本来、会社が持っている売掛債権を買い取ってもらうことで、資金を得ることができます。債権は、債務者の履行期限が到来するまでは原則として行使することができません。

例えとしては適切ではないかもしれませんが、黒字倒産という言葉があります。これは、売り上げは上がっているのに、売った代金が回収できていないために、運用資金がショートして起きてしまう現象です。

すなわち、債務者に与えられている期間の利益があるために、債権を有していても、現金化できるまでに一定の時間を要してしまいます。これを、売掛債権そのものを、第三者に譲渡することで、本来の履行期限が到来する前に、債権を現金化して、手に入れることができます。

一方で、売掛債権を買い取る側からすれば、すぐには現金化できない債権を保有することになりますので、できる限り信用力の高い債権を買い取りたいと考えます。そして住宅の需要が高いことから、賃借人がいる限り定期的に入ってくることが確実な家賃収入は、信頼性が高い債権と評価できます。

不動産取引は、一般的に取引額が大きく、一回の取引で支払われる金額が非常に大きくなります。また、多数の取引を同時におこなわないと、大きな収益を上げることにつながりません。新しく有望かつ優良な物件を見つけたとしても、手元に資金がなければせっかくの物件を購入することができず、収益を上げるチャンスを逸してしまいます。

家賃収入という将来の収入を早期に現金化することで、優良な物件を手に入れて早期に収益化することができ、業績の拡大につなげることができます。

売掛債権を早期に収益化するメリット

確実性が高く、信頼性がある家賃収入といえども、それは入居者によって大きく左右されます。毎月、期日までにきちんと支払ってくれる人もいれば、延滞を繰り返したり、支払いそのものができなくなったりする人もいます。いわば、せっかくの債権が、不良債権化してしまいます。

そこで、家賃収入を買い取ってもらう、すなわち将来的に支払われる予定の家賃を一括で支払ってもらうことで、期限の到来を待つというリスクを回避することができます。そのリスクを買い取ってもらいますので、買い取る側はそこに手数料を高くして、リスクヘッジをおこないます。家賃が入ってこないというリスクを回避し、早期に現金化できますので、手形割引に似ています。

この方法は、資金を急に調達する必要が出てきた場合も有効に使うことができます。不動産経営においては、修繕費用等の管理費はもちろんですが、優良物件の新規取得といった場合に即時に対応するため、早期に資金を調達しなければならない場合が想定されます。

資金を銀行からの融資で調達しようとした場合、時間がかかってしまい、機会を逸してしまいます。家賃収入を売り渡してしまえば、修繕費用等の管理費の負担からも自由になりますので、お金を使いやすくなります。

家賃収入を手に入れる側も、その負担も見込んでサービスを組みますので、家賃収入を売る側にとっても、家賃収入を買い取る側にとってもメリットが大きい、Win-Winの資金調達方法として注目され、高い評価を受けています。

ファクタリングの実際の活用例とメリット

ファクタリングの活用方法にはいくつもあります。たとえば、売却予定の土地を購入する際、資金調達を早急におこなう必要があります。一方の、売却元としても、すぐにでも土地を処分したいという状況にある場合、ほかの資金調達手段では時間がかかるときに有効です。採算が取れる物件だという確信があれば、手数料コストも低くなります。

最近は、マスコミなどで、マンションの空き室によるマンション経営がうまくいかないケースが報道されるため、不動産経営そのものがリスクを持って捉えられます。報道による、いわば風評被害に対応するために、広告費や宣伝費を調達する必要が出てきて、家賃収入の売掛債権を譲渡することで、その費用を捻出することも可能になります。

不動産経営は、リターンが大きい反面、初期投資が高額になります。ほかの出費が重なると資金繰りが一気に悪化してしまいかねません。そこで、一時的な資金難を家賃収入の譲渡により回避し、不動産経営を軌道に乗せることができます。

そのほかにも、家賃の集金代行や滞納への対応といった事務作業も含めてサービスを提供してくれるもののもあります。個人あるいは中小の不動産業者にとっては、事務負担は大きな負担になりますので、その軽減にもつながります。うまく活用することで、不動産経営に専念することができます。

また、大規模災害は別としても、ちょっとした故障が起きて修繕する事態が生じた場合、管理者として賃借人に快適な住環境を保証しなければなりませんので、修繕費を負担しなければなりません。また、その工事の手配など、付随する煩瑣なことも出てきます。しかし、家賃収入をまるごと売り渡してしまえば、収益だけ手にして、管理や家賃回収などの煩雑な事務からも解放されます。

手数料がかかりますので、本来得られる収入よりも少ない金額になることが否定できません。しかし、新たに大きな資金を手にすることで、次の不動産経営に乗り出せますので、新たな収益を得る機会を得ることになります。

お金を出して家賃収入という売掛債権の時間を短縮する効果が得られます。いわば、前払いで家賃を支払ってもらったことになりますので、ローンや融資ではなく、資金を調達することができます。

急な設備トラブルのときでもお金の心配をする必要がありません。こういった資金調達方法があることを覚えておくと、不動産経営に限らず、ほかの事業の場面でも役に立ちます。

 

不動産経営は資産運用として大きなメリットがあります。家賃収入という確実で、安定性の高い収益源を有するからです。しかし、不動産経営を始めるに当たっては多額の初期費用が必要となります。また、支払期限が到来するまでは現金を手にすることができません。初期投資にかかった費用を回収するまでに長い期間を要してしまうと、不動産経営を拡大していくことが難しくなります。

そこで、家賃収入を売掛債権として譲渡することで、即時に現金化するファクタリングが注目されています。長期間にわたって不動産の管理をおこなうことなく、将来に得るべきお金を早期に手に入れることができますので、その資金を活用して事業拡大につなげることもできます。家賃収入を買い取る側からすれば、信頼性が高いとはいえ、確実性に応じて手数料を手に入れることができます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧