【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

個人事業主でもファクタリングを利用できる?

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/06/11

事業をおこなっていると、時には急にお金の支払いが必要となるということは決して珍しいことではありません。

その場合に資金調達の方法としては金融機関からの有志だけでなく、ファクタリングにも人気が集まっている状態です。

しかし誰でも利用できるわけではなく、利用不可と原則的には判断されてしまうこともあるのをご存知ですか。

 

個人事業主とファクタリングの利用

ファクタリングは急にお金が必要となった時に便利な資金調達の方法として注目を集めており、利用する企業も少なくありません。しかし、実際には誰でも利用することができるというわけではなく、原則的には個人事業主の場合は利用できないということになっています。

そもそも、ファクタリングを利用するためには売掛債権がない状態でなければ利用することはできません。この売掛債権を専門業社の方に譲渡することによって、現金を手に入れることができる仕組みとなっているからです。

しかし個人事業主の場合は売掛債権がほとんどないということも少なくないため、そもそもこの仕組みの利用対象とはならない場合が多々あります。もちろん、個人事業主であったとしても売掛債権を持っているということもありますがこの場合でも、不安定な売掛債権しかないということも有り得ます。

本来専門業社の方はできるだけリスクが少ないと判断できた場合に限り売掛債権の譲渡取引をおこないます。つまり、リスクがあると判断されてしまった場合は、残念ながら売掛債権があったとしても現金を手に入れることができないのです。

ちなみに、個人事業主の場合は取引先とは断続的な取引、つまり取引がずっと続くのではなく間隔をあけながらの取引となっています。だから安定した売掛債権とは言えないので、売掛債権があっても専門業者は取引を嫌がることが少なくありません。

 

個人事業主だからこそ気をつけたい注意点

個人事業主の場合は、その取引の内容によっても変わってきますが、会計をする場合でも税理士を利用しないことも珍しくありません。もちろん全て自分で行ったとしても何も問題はありませんが、その分ミスが発生していても気づけないという可能性も出てきます。

また自分で管理したがために帳簿や取引内容が本当に正しいかどうかわからないと専門業社の方に判断されてしまうということも有り得ます。また、資金の利用状況に関しても、事業用だけで利用しているのではなく生活用としても一部利用している可能性も否定できません。

ただ、これらのことは簡単に確かめることはできず、実際には疑いを持っているだけで真実かどうか判断することは難しくなっています。だから、最初から個人事業主とは取引をしないという判断をしている専門業社も決して少なくない状態です。

 

個人事業主でもファクタリングをおこなうために

東京にも多くいる個人事業主は、基本的にはファクタリングを利用することは難しくなっています。しかし絶対に利用できないというわけではなく、業者によっては利用可能なところもあるのが実際のところです。

しかし利用可能と判断してくれるところはかなり少ない状態となっているので、利用できる可能性はかなり低いと考える方が無難です。ではどのようにすれば利用できるようになるかというと、まずは法人になること、そして税理士を雇うということが有効です。

結局個人事業主に対するマイナスポイントを改善することができれば、現状とほとんど変化がなくても利用できる可能性は増します。またできるだけ書類なども残しておき、自社の持っている売掛債権の信用度をできるだけ高い状態にできるように工夫しましょう。

 

個人事業主の場合は、原則的にはファクタリングを利用することはかなり難しくなっているというのが実際のところです。そもそも売掛債権がないという場合、さらに売掛債権が不安定だということなどが取引を拒否される理由です。

また税理士を雇っていないことも珍しくなく、どうしても業者の方からはリスクが高い取引だと判断されてしまいます。したがって、どうしても利用したいという時は法人になる、税理士を雇う、書類は色々と残しておくなどの工夫が必要です。

そうすることによって自社に対する信頼度を高めることができるだけでなく、売掛債権に対する信用度も高くすることができるからです。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧