【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリング会社の対応スピードはどれくらい?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/27

事業を行っている経営者の方にとって、日々の資金繰りの工面は、事業を安定的に継続していく上で欠かせません。

これまで事業資金を調達する手段といえば、金融機関などからの融資が一般的でした。

しかし近年、融資に代わる新たな資金調達手段としてファクタリングに注目が集まっています。

いざという時の選択肢のひとつとして、その仕組みを理解しておくと安心です。

ファクタリングによる資金調達の仕組み

ファクタリングとは、売掛金に代表される売上債権ファクターと呼ばれる債権買取業者に買い取ってもらうことによって資金化する仕組みのことを言います。

通常の売掛金の決済では、あらかじめ取引先との契約によって定めた支払期日までは代金が支払われることはありません。

一方、ファクタリングを利用することで支払期日よりも前に売上債権を資金化することができます。

また、ファクタリングでは売上債権の所有権がファクターに移転するため、仮に売掛先がきちんと支払期日に支払いを行ってくれるか不安がある場合にも、債権が回収できなくなるリスクを回避できるというメリットもあります。

その代わりに、ファクタリングでは売上債権を額面通りの金額で買い取ってもらえるわけではなく、手数料としてファクターに一定額を支払わなければなりません。

この際の手数料は、金融機関から融資を受ける場合の融資利率よりも高めに設定されているのが一般的です。

ファクタリングの審査にかかる期間

ファクタリングを利用するメリットとして、金融機関から融資を受ける場合よりも対応スピードが速い点が挙げられます。

金融機関から融資を受けるためには、一般的に1ヶ月程度の審査期間を要することも珍しくありません。

それに対して、ファクターによる審査はわずか数日程度で完了することが多く、売上債権の属性によっては即日での資金化が可能なこともあります。

以上のように、迅速に売上債権を資金化することができるため、万が一支払期日よりも前に急な資金需要が生じた場合に活用することもできます。

ファクタリングの対応スピードが速い理由

先に述べたように、ファクタリングにおける審査は金融機関からの融資の場合と比較して、対応スピードが速いという特徴がありました。

ファクターはなぜこのようなスピード審査が可能かといえば、審査の際にファクターが注目しているのは売掛先の信用力だからです。

金融機関から融資を受ける場合、当然ながら融資金の返済を行うのは融資を受けた張本人である事業者になります。

そのため、金融機関の審査では事業者自身の信用力を評価することになりますが、一般的に中小企業や個人事業主は信用力に乏しく審査期間が長期化しがちです。

一方、ファクタリングでは売上債権がファクターに渡るため、事業者自身の信用力ではなく売掛先に決済能力があるかどうかという点がポイントとなります。

ですから、売掛先が大企業である場合など信用力が高い企業であれば、審査のスピードは格段に上がることになります。

また、売上債権の買い取りに要する手数料を融資利率よりも高く設定することで、万が一ファクターが回収不能に陥った場合にもリスクを吸収できるようにしているのです。

このように、ファクタリングはいざという時の資金調達手段として、とても心強いものではありますが、どのような売上債権でも素早く審査結果が出せるわけではありません

やはり日頃から余裕を持った資金繰りを回していくことが大切です。

 

ファクタリングは、金融機関からの融資を受けられない場合や、売上債権の支払期日を待てない場合のセーフティネットとして、有効な資金調達手段です。

そのため、いざという時のために備え、日ごろから信頼できるファクターの情報を集めておくのも良いでしょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧