【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

ファクタリングの仕組みには種類がある?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/23

東京で資金調達をする場合には、さまざまな方法がありますが、そのうちの1つがファクタリングになります。

これを利用するためには、専用の業者に売掛金を所有している人が依頼することが必要になります。

このとき理解しておきたいのは、種類の違いになります。その違いを見ていき自分にとってより利用しやすい方を利用しましょう。

種類の違いを知る前にその特徴を理解しておく

東京で会社が資金調達をする方法の1つがファクタリングになります。このうち、一般的に利用されている種類の1つが3社間でおこなう方法です。3社間の方法を理解するときには、まずファクタリングの仕組み自体をよく見てしておく必要があるでしょう。

その仕組みを見ていくと、どのような場面で使うかといえばまずある会社が商品を別の会社に売却したとします。商品を売却したほうが、商品を購入した会社からお金をもらうことになるでしょう。ただ、会社間取引の場合には高額なお金が動くためなかなか現金で振り込むようなことはありません。

また、資金繰りの関係上すぐに現金で振り込むことができませんので、大抵の場合手形を利用します。手形を利用する場合、60日手形と90日手形の2種類が一般的に利用されています。つまり90日手形の場合には振り出してから90日経過しなければお金が入ってきません。

この場合には、手形を受け取った側つまり商品を売却した側は、その間資金繰りが苦しくなる可能性があるでしょう。このとき、ファクタリングを利用すれば申し込みから3日以内に振り込みがされます。

3社間でおこなう場合の特徴とはどのようなものか

ファクタリングのうち、3社間でおこなう場合のの特徴を一言で言えば、より多くのお金が手に入る点です。例えば、売掛金を所有している会社が資金繰りに困った場合業者の方に依頼して売掛金を譲渡することにします。売掛金を譲渡したとき、その売掛金の95%から98%程度のお金が売掛金を所有していた会社に入ってくる仕組みです。

このとき、債権譲渡の形になりますので手形を振り出した側の承諾が必要になります。この方法だと、手形を振り出した側には商品を売ってもらった会社の資金繰りが悪いことがばれてしまう可能性もあるでしょう。それでも、売掛金の95%から98%程度のお金が手に入るため非常に魅力的です。

2社間でおこなう場合の特徴を理解する

2社間でおこなうファクタリングも存在しています。これは3社間との違いがあるとすれば債権譲渡をしないことです。3社間の場合には、売掛金の所有会社が契約をするときに売掛金を業者に債権譲渡する形でした。この場合、完全に売掛金を所有していた会社に売掛金は存在しないことになります。

これに対して、2社間でおこなう場合にはそもそも売掛金自体を譲渡することがありません。売掛金を所有している会社が所有した状態で、業者から売掛金の8割程度のお金を受け取ることになります。このとき、なぜ8割程度のお金しか手に入らないかと言えば、売掛金自体が移動していないからです。

例えば、売掛金を所有している会社が2つの業者にそれぞれ売掛金を所有していることを説明しファクタリングとしてお金を受け取ったとすれば、二重にお金を受け取ることができるでしょう。その結果、それぞれの業者のうちどちらかが現金を回収することができなくなってしまいます。このようなリスクを考えると、売掛金と同等のお金を渡すのはあまりにも危険なことが理解できるでしょう。

 

ファクタリングをおこなう場合には、3社間でおこなうものと2社間でおこなうものがあります。

前者の場合は、売掛金を債権譲渡と言う形で業者の方に渡すことになります。このとき、売掛金を所有していてそれを譲渡した会社は売掛金の95%から98%程度の現金をもらうことができるのが特徴です。これに対して、後者の場合には売掛金の所有権自体は変更せずそのまま業者から売掛金の7割から8割程度に匹敵するお金をもらうことができます。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧