【東京】口コミで評判のファクタリング会社徹底比較5選!売掛金買取業者が資金調達のお悩みを解決!

悪徳なファクタリング会社の特徴を知ろう

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/23

早い内に資金を調達したいと希望される人で、東京をはじめとして全国にあるファクタリング専門業者を活用しようかどうか考慮しているケースが少なくありません。

活用するのであれば、満足できるファクタリング専門業者を用いたいと考えているでしょう。

それを実現するためにも悪徳会社の特徴を熟知しておくことが大切です。

 

準備していた用意周到なやり方を実行する

多様な金融サービスの中にあってもファクタリングに関しては規制もあまりなく、参入する壁が低いことから悪質な会社が混入する可能性が低くないのは紛れもない事実といえます。

手口の特徴については甘い言葉によって誘惑し信頼性を確保します。それから段階的にそれらしい根拠を着けて事務手数料を増加させたり、審査の際に揚げ足を取って手数料を引き上げます。

ほかにも高い手数料ゆえに行為そのものが会社の経営を圧し、支払いが厳しくなると遅延金などの搾取が始まります。

 

闇金融から生じていることが少なくない

悪徳ファクタリング会社の大部分は法律違反の高い金利及び取り立てによって消費者を追う闇金融から生じている傾向があります。

総量規制といった貸付上限によりまして消費者金融からの借り入れが不能になった階層を標的に暴利で貸付をおこなっていましたが、時代も変わって取締強化で規制されている状況です。

こういった業者が目をつけたのがファクタリングです。金融業の許可が不要で参入することができるため、好都合といえます。

 

高い手数料の請求及び債権譲渡の通知の実行

具体的な悪質な手口として、手数料率を割高にすることがあげられます。 通常の場合はじめての契約の取り交わしであれば、手数料率に関しては15~20%になります。しかしながら30%をオーバーする、それに加えて90%という悪質である会社も存在します。

それほど悪質であるものであれば契約の取り交わし前に把握できると推測されるかもしれません。契約書もしくは取引説明書に元来記入されていなければならないことですが、月額の手数料率ぐらいしか書き記していなかったなどトータルでの手数料率が明瞭になっていないためにわからなかったというケースも少なくありません。

また、 債権譲渡の通知を取引相手へと送り込むケースもあります。2社間ファクタリングで取引相手はファクタリングに関係することはありません。売掛金については中小企業主が手に入れて、ファクタリング会社へと払うものといえ、ファクタリング会社がダイレクトに取引相手に回収することはないです。

しかしながら、悪質であるファクタリング会社では取引相手に債権譲渡の通知を送るケースがあります。一つの例として相談がスムーズにいかなかった、或いは支払期限が遅くなったなどの要因です。

 

主な特徴について理解し対策を講ずることが重要になります。まず第一に手数料が相場と対比してどうかをチェックし、インターネット上で会社についての情報や口コミをリサーチしましょう。

ほかにも、契約の中身などで怪しいところがないか確かめることが重要になりますしょう。 さらに、悪徳な会社は自身の詳細をカムフラージュしたがる特徴があるので、 あらかじめインターネットを介して住所やその他の情報などを調査しておきましょう。

加えて悪徳会社は手続きをシンプルなもので済ますことから、提出する関係書類が少なかったり、契約書を作ることをしない場合もあります。 ほかにも、振込口座名が会社名とは違っていると、不法行為用に活用されている、売買されている口座の危険性があるなど、悪徳会社は不審な点が複数存在しています。

ただし、現実に優良会社でも、即日振込みといった観点によって、電話だけの対応で関係書類はデータ送信など、手続きを簡単にしている会社もありますので念頭に置いておきましょう。

サイト内検索
東京のファクタリング会社ランキング
記事一覧